Finis Africae [ A Last Discovery: The Essential Recordings, 1984-2001 ] 2LP

クリックで画像を表示
New アナログLP

スペイン産NEW WAVE~バレアリック~アンビエント~プログレッシヴ・ミュージックの奇跡、フィニス・アフリカエの17年の足跡を網羅した世界初コンピレーション。スピリチュアルでディープでアフロでアンビエントな霊性オーガニック・グルーヴの数々を2LPに編纂した全音楽ファン必聴作品。

フィニス・アフリカエは、ヌエストロ・ペケーニョ・ムンドというバンドで成功したホワン・アルベルト・アルテシェ・グエルが1980年代初頭に組織したユニットであり、固定メンバーを持たず、作品性を重視したスタジオ・プロジェクトである。ミステリアスに響くグループ名はウンベルト・エーコのミステリー小説『薔薇の名前』に登場する秘密の書庫に由来する。

(「アフリカエ」はヨーロッパでの「アフリカ」の古称。「フィニス」を付けると最果ての地、未知の場所といったニュアンスが生まれる。)

フィニス・アフリカエの発端はアルテシェが4トラックのオープンリール・レコーダーを購入したことで、徒然に音を重ねて宅録をしていく過程で膨らんできたインスピレーションを、友人のサポートを得て楽曲に定着させていった。その成果を『Prima Travesía(英題:First Journey)』(1984) にまとめ地元の新進レーベルGrabaciones Accidentalesから発表。次いで同路線で2ndの『Un día en el parque (A Day in the Park) 』(1985) を作り、レコーダーを16トラックにヴァージョン・アップして更に複雑に音を編み込んだ『Amazonía』(1990) を制作。その後も数年ごとにアルバムを録音しライブ盤1枚を含む計7枚を発表した。

フィニス・アフリカエの音楽は、アフリカ音楽の影響をたたえつつ、具体音、現代音楽、NEW WAVE風ダンス・ミュージック、そしてスペインのフォークロア感覚が、実験性を保ちながら独特のコンビネーションを展開するもので、その世代感覚を超越したような音を聞けば、現在の音楽フリークやDJ達に再発見されている事実も十分頷ける。また数多くの楽器を駆使して極めて繊細に作り込まれた音は、アフリカ音楽とヨーロピアン・トラッドを折衷したような美的感覚と精神性を宿している。(なお、シンセサイザーを用いた一部の音作りの傾向からニューエイジ・ミュージックと呼称される場合もあるが、アルテシェ自身はニューエイジャーではない)

ハワイレコード

店舗営業日
週末のみ金曜、土曜
OPEN 15:00 CLOSE 20:00

送料について

送料
CD/7” 198円~ LP 600円~
*離島は送料に反映されない場合があります。離島からのご注文のお客様は備考欄にその旨お伝え下さいませ

メール便希望のお客様へ

お客様情報の入力の際、備考欄に
メール便希望と記載下さい。
送料を修正したご請求メールを
送信させて頂きます。

::::::::::::::
送料はCD198円~。
(厚み、重さで送料は変化します)
*2020年7月より佐川メール便廃止に伴い、LPサイズのレコード発送にメール便の選択ができなくなりました。

店頭受取ご希望のお客様へ

店頭受取ご希望のお客様は、お客様情報の入力の際、備考欄に
店頭受取希望と記載下さい。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索

お問い合わせ